パティシエになるために通う専門学校|人を笑顔にするスイーツ

女の人

プロが講師の学校

スイーツ

想像を超える美味しさのお菓子や、デザインが美しいスイーツを作るには、自分の味覚やデザインのセンスを向上させるしかありません。そのためには、座学よりも実践が重要です。実践を繰り返し行なうことで、繊細な技術を習得して誰も食べたことのない独自のスイーツが完成するのです。自分が作ったスイーツで人を笑顔にするのがパティシエの仕事です。

甘いモノが好きな人は多く、日本人の味覚は繊細なので多くの方がパティシエを目指して、専門学校で修行中です。専門学校では、お菓子関しての座学もありますが、一番の魅力は実践の授業が多いことです。一から自分独自の創作スイーツを作ることはとても難しいことです。自分のイメージ通りの味を再現しないといけません。そのためには、どの食材をどれくらい使うのかを頭の中で調合します。思い通りの味になると、次はデザインです。スイーツを見た目でも演出することがパティシエには重要です。それに口にスイーツを入れたときの歯ごたえや味の広がりも全て計算しなくてはいけません。

ですからパティシエの専門学校で基礎から学ぶことを選択する人が多くいるのです。専門学校ならばプロが実技の授業をしてくれます。また、自分で作った独自のスイーツをプロの目線から採点して、改善点を指摘してくれるためスイーツの完成度は高まるでしょう。プロが講師なので、そのときに流行してる手法や食材など、プロならではアドバイスももらえます。現役のプロの技術を目の前で見ることができるのもパティシエの専門学校のメリットです。

パティシエになるために

お菓子作り

職人と呼ばれる職業の多くが、厳しい修行をしなくてはいけません。そのため、パティシエの世界では学歴や資格は関係なく、個人のスキルが何よりも重要なのです。ですから高校で製菓コースのある学校に通いましょう。

Read More...

外国人も好きな日本食

お寿司

日本の伝統的な食べ物で、外国人観光客にも人気なのが寿司です。これは、一流の職人になろうとしても素人が簡単になれる職業ではありません。そのため最近は、寿司職人を短期間で要請する学校もできています。

Read More...

人気が高まっている職業

バリスタ

コーヒが好きな日本人は年々増えているために、日本でもバリスタという職業が定着しつつあります。これから自分のカフェをオープンするためには、バリスタの学校に通うと良いでしょう。コーヒーの基本的な知識や技術を勉強することが出来ます。

Read More...